上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっごい久々に作りました。
リング有りバージョンです。




hatu 023

   生地:かーふ ブラックストライプサッカー


生地は↓のエントリーの布です。
友人が今週末に帰るというので即効で縫いました。
作り方はこちらを参考に。

生地はこんな感じ。
色が飛んじゃってますが、実物は真っ黒です。
hatu 024

リングはこちらのショップより、内径6cmのブラックシルバーを。
このくらいの大きさが一番使い易いような気がします。
hatu 025



娘2出産後、毎日のようにお世話になったベビースリング。
スリングなしでは3人育児を乗り切れなかっただろうと思います。
いや、大げさではなく本当に。
4年前はそれほど知られていなかったので(田舎というのもありますが)
スリングでカンガルー抱っこなんかしてると
赤ちゃんが苦しそうで見てて可哀想とか、散々言われましたが
今はだいぶ市民権を得たようで、専門の本なんかも売ってるんですねー。
もう必要ないとは分かってても、思わず手にとってじっくり立ち読みしたりして(笑)。
このスリングで、たくさん抱っこしてほしいなあ(*´∀`*)



このスリングをもって行ったとき、
ちょうどベビちゃん@3ヶ月はお風呂上りでした。
懐かしい~、可愛い~♪
ここぞとばかりに着替え&ミルクのお手伝い。
なんて可愛いの!
と、そのまま持ち帰りたい衝動に駆られましたが
丁重にお返ししました(笑)
写真撮っとけばよかった(^^ゞ



いつも応援ありがとうございます♪
久々に10位台に上がりました。
今日もポチっとお願いします(*´∀`*)

スポンサーサイト
Lovery DaysのKumioさんちに女の子が誕生なさったのでお祝いにスリングを送り付けてしまいました(笑)。
(」゜ロ゜)」ナント嬉しいことに活用してくださってると!

で、イマイチゆりかご抱っこが上手く行かないとのことで、娘2が生後2ヶ月くらいの時に抱いていたやり方の画像をアップしようと思います。
すでにこの抱き方をされていたら何の参考にもならないかも( ̄Д ̄lll)・・・・
私の太い二の腕はスルーしてくださいね(笑)。

まずはスリング。
娘2で頑張ってみたんですけど、2歳5ヶ月14キロの娘2にゆりかご抱っこは無理でした(涙)。
なので身長約50CMのプーさんで勘弁してください。
20060626003800.jpg

全身入れちゃうとキツキツになっちゃうので、頭だけ出して手を添えてました。
おしり部分は手放しでも大丈夫ですがさすがに首はまだ添えていた方が無難かと思います。
寝ちゃったときは逆バージョンで足だけ出したり。
すみません、プーさんの足が短すぎて逆バージョンは撮影不可でした。


お次はおんぶ紐。
ああ!ガラスにぼんやり私の顔が!!
見ない振りして下さい(笑)。
20060626003726.jpg

背当て部分に腰を下ろす感じです。
足をガバッと広げて親の背中を挟ませる感じですね。
リングの付いている紐は足の下をくぐらせてから肩紐を結ぶようにします。
かなり密着間があって良いんですけど、寝ちゃうと首がだらんだらんになっちゃうんで気をつけてください。
私は亀の甲を後頭部まで上げてそれで支えてました。
芯入りの頭当てを作って、ホックで取り外しできるようにすれば完璧かもしれません。



・・・と、こんな感じで参考になったでしょうか?
これじゃ分かんないよーという時は遠慮せずにおっしゃってくださいねー。
出来る限りのことは協力しますんで(*´∀`*)
トラバさせてくださいねー。
肩こりが少ないおんぶ紐はないかといろいろ検索した結果、これなんかいいんじゃない?と思ったのが、北極しろくま堂の昔ながらのばってんおんぶ紐。
今までばってんおんぶ紐というものは、柄物はないし、胸が強調されるし、眼中にありませんでした。
でも、ここのおんぶ紐はなんといっても可愛い♪
柄物が沢山。足を入れる部分もないシンプルなつくりでとっても気に入りました。
でもやっぱりお値段が高い。
で、いつものごとく、手作りしてみました。


サイズも何も分からないので、ヤフオクで似たようなものを落札↓
img20050514.jpg

で、まねして作ったのがこれ↓
img20050514_1.jpg

感想は、リュック式よりはるかに密着感があってらくちんでした。
結構長い時間おんぶしても平気。
足入れもないので、寝た子を下ろす時に簡単だし。
でも頭あてがないので、子どもが寝ちゃった時に頭がぐらぐらしてちょっと怖いかな。
そんな時は亀の甲なんかで頭をすっぽり包んでいました。


薄い生地で作ったので、今度作るときは肩に当たる部分と子どもの背中部分にだけでも接着芯を貼るか、もう少ししっかりした布で作ればなお快適だと思いました。


ベビースリング・おんぶ紐と作って思ったのが、自分の好きな布で作ると、きついおんぶや抱っこもとても楽しくなるということです。
可愛いものを使っているときつい育児も楽しく思えるようになるから不思議です。
息子・娘1のときにこの存在を知っていればととても悔やまれます。


ベビースリング・おんぶ紐・布おむつと最初からもう一度使いたいがために夫に4人目をお願いしたら断られました(笑)。
こうなったら未来の孫にとっておこうかな??


今日も抱っこ・おんぶ・布おむつを楽しんでいる私です。
リング有り・無しの2つを使い分けていましたが、どうも面倒。
で、リングなしに調節できる機能をつけたら便利かな~と思い、考えてみました。
いろいろなショップを見て、これは{電球}と思ったのが、はぐスリング。
長さを自分ぴったりに作れば肩の調節部分は要らないし、子どもの背中部分だけで十分じゃないか。
という訳で、作ってみました。
試作なので使っていないシーツを2枚重ねて。


↓調節前、モデルは3歳5ヶ月・12㌔の娘1です。結構背中部分が空いています。
img20050511.jpg

img20050511_1.jpg

↓キュッと締めた調節後、両手を離しても全然平気
img20050511_2.jpg

img20050511_3.jpg

子どもの背中部分の縫い代にかばんの持ち手のような硬いベルトを入れて、Dカン2個で締めるようにしただけです。


使ってみると、お~~、いい!!
リング有りと無しの良いとこ取りでかなり気に入りました{ラブ}。
さっとくぐって背中をきゅっと締めれば両手を離しても怖くない{まる}。
かばんに入れてもさほどかさばらないし。
我が家ではこのスリングが定番になりました(周りにはシーツのなのは内緒です)。


しばらくは、ホクホクで使っていましたが、もう1つ問題が。
家事をする時はやっぱりおんぶが楽です。
スリングでもおんぶはできるんですが、私にはどうもできない(怖いんです)。
出産祝いで頂いたリュック式おんぶ紐は30分もすると肩・背中・腰が痛くてしょうがない。


何かいいものはないかな~と、また検索の旅に出ました。


つづく。
実はかなり人見知りをする私。
会場に着くまでどきどきでした。
入ってみると、主催者の方も優しい方で、いろいろ質問ができてよかったです。
市販品もかなりの数がありました。
以前見かけたスリングは外国製だったみたいで、日本人には大きすぎみたいです。
綿も肩や脇部分にしっかり入っていて、やっぱり座布団みたいでした。
布の素材やリングの材質もしっかりチェック。
これでリング有りスリングが作れる!!とホクホクで帰ってきました。


で、早速リングを注文。内径が6・7・8センチと3種類頼んでみましたが一番使いやすかったのは6センチでした。
最初に使ったのがリングなしだったせいか、布幅110センチだとなんだかもたつくような感じだったので70センチにカット。
img20050510.jpg

装着すると、あら~~、かなり密着できて気持ちいい♪
両手を離してみても怖くない。
こりゃ~買い物にもってこいだ!!
ということでリング有りスリングは買い物用に、リングなしスリングはお散歩用になったのです。


二つを使い比べてみての感想は、リングありは密着感があって安心できるけど、装着の度調節するのが面倒。リングなしはなんといっても簡単、でも密着感がないので片手は添えていた方が安心。一長一短という感じです。
まあ、状況によって使い分ければいいかな??


講習会ではいろいろな使い方を教えていただきましたが、なんだかな~と思ったのが歩きながら(立ったまま)でも手放しで授乳ができますよというもの。
私的には、いくら急いでても授乳ぐらい座ってゆったり抱っこしてやればいいのにな~と思います。
まあ、電車の中なんかでぐずられたときなんかは便利かもしれませんが。
あと、一種独特の雰囲気がありました。
私の友人は公園でスリングママの団体に遭遇した時、かなり勧められたそうです。
私がスリングにはまっているというと、ちょっと引いていました。
話を聞いたら納得したのですが、自分がいいと思っても他人はどうだか分からないのであまり熱心に勧めるのも考えものだと思います。
自分も気をつけよっと。


なんだか愚痴っぽくなってしまいました。
すみません。


まあいろいろあったけど、この日から私のスリング熱は加速する一方なのでした。


つづく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。