上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.05.07 ごめんね
今日、娘1の顔に傷を作ってしまいました。

朝から雨が降り子どもたちも私もいらいらしていたので、気分転換にと4人で図書館に出かけました。
わが町の図書館には、ホールの片隅にちびっ子広場なるものが設けられていて、1時間ぐらい遊ばせるにはちょうど良い感じです。
最初は3人とも機嫌よく遊んでいましたが、しばらくすると兄妹喧嘩が始まりました。
娘2もぐずりだし、また私のイライラが出てきてしまいました。
2人に抱っこを欲求されると、どうしても下の子を優先してしまいます。
当然娘1はおもしろくなくて、ますますぐずります。
泣きながら私の後を追いかけてきたときに、自動ドアの前に引いてあるマットに顔から転んでしまいました。
唇はもちろん、ほっぺからも血が出てしまいました。

私が抱っこ紐をもっていくなり、時間帯を換えて出直すなりすれば怪我は防げたはずです。

最近、また自分で自分が抑えられなくなっています。
かっとなると手を挙げてしまう、泣くまでひどい言葉をかけてしまう、そんな自分が嫌で嫌でたまりません。
私が怒ると子どもたちはさっと身構えてしまいます。
そんな姿にしてしまったのは私です。
子どもたちが頼れるのは私しかいないと分かっていながらどうしてこんな気持ちになってしまうのでしょうか?
親に頼ることの出来ないつらさ・悲しさは私が一番分かっているはずなのに・・・。

こんな私を子どもたちは大好きと言ってくれます。
どんなに怒っても抱きついてくれます。
自分が情けなくて涙が止まりません。

ほんとにごめんね。
ごめんね。

明日からは、みんなが笑顔でいられるようなお母さんになるから。
ごめんね。
Secret

TrackBackURL
→http://hinahinana.blog25.fc2.com/tb.php/13-96935b76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。