FC2ブログ
2005.11.15 一安心
息子の容態も落ち着き面接の日程も決まったので、娘2のもうひとつの受け入れ予定の保育所に緊急一時保育の手続きをしに行ってきました。


当然話はきてるはずですから、
ここでもめんどくせーと分かるような態度だったらどうしようとドキドキでした。

覚悟を決めて玄関に入ると・・・
そんなことは全く無かったです。
主任先生らしき年配の先生はとっても気さくな方。
保育所内も広く、子どもの数も息子&娘1の保育所に比べると少なくいい感じ。
なによりぴりぴりした物が感じられないというか。
(これは私の偏見が入っちゃってる部分もあるかもしれませんが)
先生方の中には息子がお世話になった先生もいてなんだかほっとしました。
とりあえず今度の面接の日に半日だけお願いしますと手続きを済ませ帰ろうとすると、顔なじみの先生方がお見送りしてくれたり。

なんだか、心底安心しました。
思えば今まで、意見の食い違いや連絡ミス・先生方の何気ない一言で私の中で保育所に対して構えてた部分ができていたように思います。
それが崩れていったというか。

『とりあえず、面接の結果が出ないとはっきりできないんですが』
と言ったら
『じゃあ、お母さん頑張らなきゃ』
と言ってくださって・・・。
涙が出そうになりましたよ。
(今書いてても涙が出そうです)
こんなこと夫以外に言われた事なかったもんなあ。

『もしダメだったら春までお母さんが見てればいいし』
『入所させてもお母さんが仕事を辞めれば娘2ちゃんも保育所はいつでも辞めれるし』
『一時保育で預けても半日泣きっぱなしなのに』
『これから寒くなって風邪の季節なのに』
などなど、いろんな人に言われた言葉。

でももういいや。
今日のその一言で救われました。
もう愚痴はこれで最後にします(ほんとか??)

子ども達のために、できる限りのことを頑張るぞ!!!






・・・でも、またへこんだ時は話し聞いてくださいね(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://hinahinana.blog25.fc2.com/tb.php/192-6192ffe9