FC2ブログ
一言で言うとおもしろい、これですね。


市販の紙ナプキンは、いろいろなタイプはあるけれど柄物はないじゃないですか。布だったら思いっきり柄物を楽しめる♪
どうせ見えないじゃない~~、な~んて野暮なことは言わないでくださいね。交換する時の楽しさがあるじゃないですか。
それと、布ナプキンにしてからはかゆみが激減!!もうこれだけで洗う手間も大歓迎です。


なんだかいろんなサイトを見ていると、紙ナプキンは実は紙じゃなくて石油でできているとか、ナプキンを開発している人達は体に与える影響が恐ろしくて自分はもちろん身内にも使って欲しくないというじゃありませんか。紙おむつも同じだそうです。なんて恐ろしい・・・。
こんな怖い話を知ってしまったらもう紙ナプキン・紙おむつには戻れませんね。


私は生理に対して恥ずかしいという気持ちしかありませんでした。
なんだか自分の女の部分がさらけ出されるような感じで。


高校受験の日、ちょうど生理の2日目の一番ひどい日だったんです。
極限の緊張状態の中、見知らぬ人がたくさんいるトイレでのナプキンの交換は恥ずかしくてたまりませんでした(当時はまだ乙女だったので ぷっ)。
もう1つ、私の実家は喫茶店を経営していまして、結婚前は私も手伝っていました。
店が忙しいとなかなかトイレに行けないことが多かったんですが、常連の男性客にジーンズにしみた経血漏れを指摘された時にはもう恥ずかしくて恥ずかしくて・・・。しばらく人前に出るのも嫌なくらいでした。
それからはタンポン&ナプキンの完全ガード。
ビデ洗浄も週に2~3回使うという無茶をしていました。
当然、自然浄化作用が働かなくなってカンジタを繰り返すという悪循環に落ちていきました。
それは娘2を出産するまで続きました。


こんな私が生理を楽しみだなんて、そう思えてほんとに幸せです。
自分で納得した素材の布で楽しんで布ナプキンを作る。
それを大事に使っていく楽しさ。
こんな気持ちにしてくれた布ナプキン&布ナプキンを通じて知り合ったたくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもよろしくお願いしますね♪
Secret

TrackBackURL
→http://hinahinana.blog25.fc2.com/tb.php/34-30e348d7